読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画を気ままに語ろうのブログ

みた映画を好きに語ります。ホラー映画がだいすきです

ローグワン見てきた!感想!クリーチャー気に入りました!

ローグワン見てきた!

全体的な感想をのべると、よかった!期待して行かなかったけど良かった!

スターウォーズは、ファンに気遣いしてるなーみたいなのが伝わってきて集中できないときがある笑

あ、出たファンサービスとか考えちゃう。それはもうしかたがないなー

良かった点

映画館でポスターくれるとこ笑
記念になりました!

オープニングで、ジャーンじゃじゃじゃーんのお馴染MUSICが流れなかったところ。
そこで、わたしは「そうだローグワンはサイドストーリーなんだ」と
再認識し気楽にみることができました。
ジャーンがなくて気持ち悪くなりそうな人は心の中で、勝手にオープニングを流して満足しましょう。

あとは!!
クリーチャーが素晴らしい!
猿っぽいクリーチャーが登場しました。なんだか新鮮な感じで親近感わきました。
http://rogueone.jp/image/Rogue-One-A-Star-Wars-Story-Bistan.png

あと口をパッカーンとあけるクリーチャー。かわいかった!
http://rogueone.jp/image/パオ.png:image=http://rogueone.jp/image/パオ.png
ビッグマウスっていうキャラらしい。味方に大きい声で、危険を知らせるらしい。かわいい


ラストは良かった。多くの人が感想で述べているようにラストは圧巻です。
映画館では、感動して拍手している人もいました。希望溢れる最後になっています。
心が揺さぶられます。

気になった点

はじめの舞台がコロコロ変わるとこらへんがしんどかった。あーカタカナの星の名前覚えられないよーってなった。

CGには無理があった。CGで頑張ってる!って感動するんだけど、途中からトイストーリーでウッディー直すおじいちゃんみたいやなぁって思いました。
一人の人間をCGで描くのは難しいな。
けっこうな尺をつかってでてきたし。


デススターの設計図を盗むのですが、その保管庫がおかしい。手動でデータを取り出すあたりが、UFOキャッチャーみたいだった。あああ、ちょっと行き過ぎた。ちょっと早めに止めないと…みたいな感じでした。あの保管庫のつくりはおかしいでしょ。
なんでやねーんって突っ込みそうになった。

あとは、キャラクターが多すぎて、一人ひとりを丁寧に描くことはできていませんでした。

なんでお互いをそんなに簡単に信じちゃうの?と思いました。
同じ船ローグワンに乗り込み、戦うわけですが、そこに仲間としての一体感が生まれていません。


反乱軍は主人公ジンを信じるのですが、いまいち信じようと思った過程がわからないし、
ほかのキャラクターにしても、絆が生まれる過程がイマイチ描かれていないので、
はてな?という感じでした。


感想としてはこんな感じです。
毎年のクリスマス行事として、スターウォーズを見れるのはありがたく
幸せなことです。
みなさんは、どのような感想を持ちましたか?

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー  オリジナル・サウンドトラック

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー オリジナル・サウンドトラック

Rogue One: A Star Wars Story Deluxe Figurine Set ローグワン / スターウォーズ・ストーリー デラックスフィギュアセット [並行輸入品]
アート・オブ・ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー
ローグ・ワン STAR WARS STORY™ PRIMER BOOK (バラエティ)